スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていく為には精神安定剤が必要です。


自分が駄目で屑でカスで非常識で無能で劣等で劣悪で臆病で卑怯な存在であり、私が人に迷惑かけて生きてることなんて解りきっていることなのだけれど、他者にそれらを理解してもらおうとする行為は無駄なことなのかもしれない。

そう考える私は、それらを前提に話をするのだが、やはり不具合が生じている。
では、前提を話せばいいのかと言われると、他者からは開き直るなと一蹴されて終わる。

当たり前のことである。
しかし、当たり前のことができないからこそ、そういった人間として私が構成されているのだ。

開き直る以外の選択肢が果たして自分にあるのかと問いたい。

不幸面して、私は不幸ですというアピールをしながら生き続ければいいのだろうか。
それとも、私は一切の主張をせずに、ただ他者からの要求を鵜呑みに頭を下げ続ける人間になればいいのだろうか。
他者の視線に怯えながら日々を過ごさなくてはならないのか。

糞ったれだ。
まさに糞ったれだ。

私がしてきたことは大半が害悪であろう。
他者に喜ばれることなど毛ほどもない人生だったであろう。

しかし、自分を評価していいのは自分だけだ。
私の人生に他者からの評価など糞くらえである。

私が害悪なら私から離れれば良い。
私といても利益がとれないのなら利益のとれる場所に行けば良い。
たった、それだけのことではないか!

それを選択しないのなら、傍にきて私と笑い合えば良いじゃないか。
近くは抵抗があるというのなら、少し距離をとって眺めているといい。
私が下手をうって足掻いている滑稽な様を嘲笑できるだろう。

私に相手に限らず、人間関係などその程度のものじゃないだろうか。
他者に自己規律を求めるという時点で、その距離感が間違っていると私は考えるのである。


「人とは笑い合いたいよね」

「ん?お前が近づきたい場合はどうなるんだ?」

「うん?一歩前に出るだけだよ」

「それ以上の距離があったらどうすんだよ」

「あとは相手次第で、近づいてこなければ諦めるよね」

「マジでお前糞野朗だわ」

「えへへ」
スポンサーサイト

| 永劫回帰と左手の矛盾ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。