スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪と罰


罪と罰〈上〉 罪と罰〈上〉
ドストエフスキー (1999/11)
岩波書店
この商品の詳細を見る


否定することは易い。
だから、私は肯定する。

それが自分の首を絞めることになろうとも私は肯定し続けよう。
それこそが問われた私の義務である。
スポンサーサイト

| 永劫回帰と左手の矛盾ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。